いんぱちです。

冬場の出勤時など、車のフロントガラスが凍る、

運転中に曇る、なんてことありますよね?

みなさんはどうやって解凍や曇り取りをしていますか?

今回は解凍、曇り取りの方法や、凍らせない、

曇らせない対策について見ていこうと思います。



解凍の際お湯をかけるのはなぜダメなのか?

タイトルにありますが、お湯をかけるのは厳禁。

そもそもなぜ凍るのか、というところからです。

原因は放射冷却にあります。放射冷却は

夜間に地表の熱が空へ逃げて、地表の温度が急激に

下がり周りの空気が冷えることを言います。

味噌汁やご飯を置いておくと自然に冷えるのも

この放射冷却が原因ですね。

急激に冷えた空気が霜となりフロントガラスに

付着することでフロントガラスが凍ります。

さてなぜお湯がダメなのか、ですがフロントガラスは

衝撃で割れても破片が飛散しないよう複数のガラスが

折り重なるような形になっています。

ガラスは急激な温度変化が一点に集中せると

非常に脆く、割れやすくなります。冬の寒い時期に

熱々のお湯なんか注いだらそりゃ、割れちゃいます。

また、目には見えないほどの小さな傷が

ある場合特に割れやすくなるので注意が必要です。

フロントガラスが凍る際の対策は?

1番は屋根の下に置いておくことです。

放射冷却で霜が降りるのを屋根で遮ることにより

凍らなくなります。駐車場に屋根がなければ

フロントガラスをカバーで覆うのもいいと思います。

これで霜が降らなくなるので、

よっぽどの事がない限り凍結の心配はありませんね

しかし。。。屋根もなく、運転前に

カバーを一々取り外し、帰宅したらまたかけるのが

めんどくさい。。。という方は解氷スプレーが

オススメです。解氷スプレーは500円前後から

販売されています。


AZ CDS-002 車用 解氷スプレー 420ml DE-ICER×2本/解氷剤/霜とり/霜とかし/氷とかし/氷取り/ディアイサー

あとは暖気運転をして車のエンジンを温め、

デフロスターを使うことでも解氷することはできます。

時間に余裕がある場合はこれが安牌ですね。

また、凍ることが予想される場合は

あらかじめワイパーをあげておきましょう。

ワイパーは車の部品の中でも傷みやすい部類です。

凍っている状態でワイパーを

動かすとゴムが切れたり、フロントガラスに

傷が入ることもあります。注意しましょう。

冬場、窓の車内側が曇る対策は?

車内の曇りは外側と内側の温度差によって

結露が発生して起こります。

人が乗っていると特にその周りの窓が曇りますよね?

人間も呼吸やらで水分を放出するため結露が

起こりやすくなります。

この曇り対策はエアコンです。エアコンは

湿度を下げて、曇りを取ってくれます。

デフロスターなんかはいい例ですね。これをつけると

フロントガラスの曇りがスッと消えるので

筆者もよく使っています。

あとは曇り止め剤を使うことですね。

価格も性能もピンキリですしそもそも

塗布しないといけないので手間がかかるのはネック

曇り止め剤は塗布するときに窓ガラスが

汚れていると効果を発揮しにくくなるため

塗布する前にしっかり窓を綺麗にしておきましょう。


ソフト99 SOFT99 99 ガラスのくもり止め G-28 05060 | 曇り止め くもり止め 曇り止めスプレー くもり止めスプレー ガラスコーティング ガラス フロントガラス 車内用 洗車 洗車用品 車用品 おすすめ 便利 窓 ガラス用 解消 手軽

終わりに

いかかでしたか?フロントガラスが凍ったからといって

無闇にお湯をかけるのではなく、暖気運転をしたり

解氷スプレーを使いましょう。そもそも凍らないように

対策をしておくことも大切です。君子は未然に防ぐです。

それではまた!