いんぱちです。

下り坂、特に山道なんかでは”エンジンブレーキを

使いましょう”なんて文言見たことがある方

多いのではないでしょうか?今回はこの

エンジンブレーキについて見ていこうと思います。



エンジンブレーキとは?

地球上にいる限り物体はその場に留まろうとする

慣性の法則がはたらいていますので、推進力が

一定以下になると車速が減速し始めます。

これは車に限った話ではないためごく当たり前に

感じる方も多いかと思います。

しかしながらアクセルから足を離すと減速するのには

エンジンブレーキの作用も使われています。

エンジンブレーキとは…

エンジン内の様々な抵抗によりエンジン出力が

下がり、車の推進力が慣性の法則以下になることです。

特にエンジンブレーキの大きな役割を果たす

ポンピングロスについて見ていきます。

ポンピングロス

ポンピングロスとは、いわゆる空気抵抗でエンジンが

空気の吸入、排出ガスの排出を行う中で生じる抵抗です。

エンジン回転に抵抗を与えることで車速を落とす、

これがエンジンブレーキのざっくりとした中身です。



エンジンブレーキを使わなくても減速するのはする

もちろんエンジンブレーキを使用せずとも

慣性の法則から車速は徐々に落ちていきます。

しかしながらエンジンブレーキを使わない減速は

皆さんが想像するほど減速しないんです。

ニュートラルレンジに入れるとエンジンブレーキは

作用しません。これを活かして

走行中アクセルから足を離してニュートラルレンジに

入れて減速してみてください。

空気感があって想像するほど減速しません。

体験すればエンジンブレーキが

効いている時とそうでない時の差を

感じられるかと思います。

(試すなら安全な広い平地で…)

下り道で力を発揮するエンジンブレーキ

エンジンブレーキの主な使用タイミングは

下り道です。特に山道などはカーブが多く

車速を落とす場面が多々あります。

ブレーキは頻繁に使うと”フェード現象”という

摩擦熱からくるブレーキ性能低下が

起こることがあります。これは素材のゴムや樹脂が

摩擦熱でガス化し、ガス膜がブレーキローター内に

入り込んで潤滑油のようになる結果、制動力が

低くなることです。また”ベーパーロック現象”という

現象にも注意しなくてはいけません。これは

使用過多によってブレーキが加熱され、それによって

ブレーキフルード内の水分が沸騰し、気泡が発生する。

この気泡がピストンの動きを吸収してしまい

ブレーキの効きが悪くなるというものです。

これによる事故は度々報告されているため

2つの現象を防ぐためにもエンジンブレーキを

使い車速を落とすように自動車学校で教育されたり

掲示板に表示されているのです。

事故を防ぐためにもエンジンブレーキを使おう

ブレーキパットの消耗を抑えるだけでなく、

事故を防ぐという観点からもエンジンブレーキを

使うようにしましょう。

坂道などで強い、長いブレーキングはとても危険です。

単に曲がりきれず壁やガードレールに衝突する事故も

多いですが、このブレーキの現象で止まれない

パターンも見受けられますので気をつけてください。

それではまた!