いんぱちです。

みなさん、運転している際に広い交差点にも

関わらず、右に膨らんで曲がる車見かけませんか?

こういう挙動の車についてみていこうかなと思います。



なぜ膨らんで曲がるのか

頭を右側に若干振って曲がる車の多くは、

スピードを出しすぎて普通に曲がると遠心力が

かかりすぎるため、膨らんで曲がるというパターンです

そもそもこれはしっかり減速してから曲がるように

すれば何も問題のない話なのですが、横着な運転、

荒い運転をする運転手はこういう動きをするケースが

多々見受けられます。こういう車の前後はできれば

走りたくないですね。

次に、これは筆者も非常に相容れないのですが

膨らんで曲がるのがカッコイイと思っている

パターンです。確かに膨らんで曲がればハンドルを

大きく切らずに曲がることができます。しかし

教習所では教習者全員が

“反対に膨らまないよう曲がりなさい”と

教わっているはずです。反骨精神のようなものが

そうさせているのかもしれませんが、傍から見ると

かっこ悪いのでやめた方がいいと思います。ガチで。

次ではなぜやめた方がいいのか見ていきますね。



どうして膨らまず曲がる方がいいのか

大きく2つだけ挙げさせてもらうと、

まずひとつは後続車に迷惑をかけることになる。

ということです。ウインカーを上げるのが

やたら遅い車もそうですが、挙動が読めないので

思わぬブレーキを踏んでしまったり、そもそも

2車線以上の道路で膨らむと隣の車線に寄って

ひどい時は接触、なんてことも有り得ます。

本人はそのつもりがなくとも、危険な運転である

ということは間違いありませんね。

それともうひとつ、左から2輪系の車両が来た場合

内輪差で巻き込む可能性が高くなります。

原付などは自動車の左を抜けてくる場合が多い上、

自動車の運転手が気付かぬうちに隣に来ている

なんてこともよくあります。不慮の事故を防ぐためにも

膨らんで曲がるという行為は

極力しないほうが賢明だということです。

もちろん膨らんで曲がらないと曲がれないような

脇道に入る場合は仕方ありません。

不必要な動きは控えましょう。



癖がついていて、膨らまないようにしたい

ここまでは他者視点の話をしてきました。

ここからは当事者の話です。

当事者だという自覚がありこの記事を

見ていただけている方がもしいらっしゃって、

改善しようという気持ちになっていただけるのなら

嬉しい限りです。膨らむ癖がついているのであれば

まず車幅感覚をつかむ、曲がる際減速することを心がける

ということが重要です。

この車はここまで寄せても縁石や壁には当たらない、

という感覚が身に付けばそれを意識しているうちに

自然と膨らまなくなるはずです。

しっかり減速して曲がれば膨らむ必要はありません。

この2つをまず意識して運転してみてください。

筆者は改善されることを強く願っています。ガンバレ!

終わりに

やはり公道は色々な運転の車がいます。

安全運転、荒々しい運転、煽り運転、蛇行…etc

当事者ではなくとも、こういう運転をする

車もいるということを頭に入れて、防げる事故を

確実に防いでいきましょう。君子は未然に防ぐ、です

それではみなさま、よきカーライフを!